正しい挨拶文の書き方とは


by makio51m

あいさつ文の種類

挨拶文の書き方とaあいさつ文の種類



 昨今使用される頻度が高い挨拶文と言えばビジネスでのあいさつ文がなんといっても一番多いのではないだろうか?


 挨拶文の本当の意味は、人と人のつながりを大事にしたいというあなたのコミュニケーションの重要な部分です。


 特にビジネス社会にあっては、上司、部下へのあいさつ、お世話になっているお客様もそうですね。

 大切にしたいお客様ですし、また同僚同士であっても、しっかりした挨拶文の取り交わしは大切かもしれません。


 たとえば栄転、昇進などですが、拝啓からばかりではなく謹啓で始まり、謹白で終わるようにしてもいいですね、そしてひと言、肉筆で書き添えましょう。


 また、ビジネス挨拶文にも書かせませんし、内容的に重複しますが、季節のあいさつ文も要望の多いところです、この季節、時候の あいさつ文は、贈る人、もらった人の心の通い合いがつぶさに感じられ、とても心和むものです。


そして、個人的な代表格としては、やはり結婚式の あいさつ文でしょう一般的には一生に一度の人生の中での最大の華燭の祭典ですから慎重に行いたいものですね。



4番目としては、これはビジネスマンに限らずですが、案外にニーズ多いのです、退職あいさつ文、いままでお世話になっ方々、会社関係、個人の関係もふくめ、心機一転の方もいらっしゃるでしょうが、一抹の寂しさも感じますね。


5、これは、季語、時候の範疇に大きくいえば入るのでしょうか年賀状のあいさつ文もありますね、筆無精でも年に一度は書いてみましょう年賀のあいさつ文。(^_^)v


6、次に多い あいさつ文としては、引越あいさつ文ですね、新居を構えたかもしれませんね、誤字、脱字がないように慎重にお願いします。


7、これもトップテンに入っています、喪中のあいさつ文ですね。


8,運動会のあいさつ文なんかも多いようです、運動会のプログラムが記入されていたり、前もって分かると嬉しいものです。


9番目として,法事・法要のあいさつ文もありますね、電話で済ましてしまう場合もあるようですが、きちんとあいさつ文を贈りましょうね。



10番目はメールを使った、あいさつ文です、簡単といえば簡単ですが、あくまでも、友達関係、及び、ビジネス関係とは違いますので、いくら、親戚関係にパソコンがあってもそれは失礼にあたります。


下記の関連サイトにあいさつ文に関する文例集を用意してありますのでご覧ください ↓


関連リンク あいさつ文心温まる挨拶文例

関連リンク ビジネス文書とビジネス挨拶文

関連リンク 退職挨拶と退職辞職届の書き方

関連リンク あいさつ文の書き方
[PR]
by makio51m | 2008-05-20 13:14 | 挨拶文の種類